FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
07.15

ホームビデオの落日

VHS方式のビデオデッキがまもなく生産中止になるそうです。

一つの時代が終わろうとしていますな。
ベータ対VHSなんてのをリアルに体験したのに、
そこそこ長く生きてしまったのだな。

観るヒマがないのでビデオデッキはとうに手放してしまいましたが、
四半世紀前にはよくテレビ番組を録画したりもしていました。
そのころのビデオにまつわる思い出といえば、
友人が里帰り出産をしたので、実家に会いに行った時のこと。

お父様が、初孫のために当時普及しつつあったビデオカメラを購入したとかで、
赤ちゃんを撮ったの、観ますか?
といわれました。満面の笑みで。
友人と赤ちゃんは、お母様とでかけていてまだ戻っていなかった。

この場合、断るという選択肢はない。ほとんど強制であります。
そして、露光の足りてない非デジタル映像の中で新生児っぽいものが延々眠り続ける30分。
というテープを再生してくださいました。
途中で友人が帰ってきて、強制的にビデオを止めたので、最後まで鑑賞できませんでしたが、
初孫が生まれるとこんなにデレデレになってしまうのかと、お父さんの反応ばかり観察していたものです。

ビデオテープを再生したりダビングしたりできなくなったら、
貞子(@リング)もさぞ困ることでしょう。
いや、今はネット動画の途中にCMみたいに割り込みまくっているかもしれないですね。

スポンサーサイト
Comment:2
2016
06.08

草津温泉はテーマパーク

Category: 日本の名湯
日本の名湯人気No.1の草津温泉に、はじめて行くことができました。

草津といえば、おなじみ湯もみショー。
blog16060802.jpg
blog16060803.jpg
blog16060801.jpg

ここでも歌われる草津節、日本人なら誰でも知ってるんじゃないでしょうか。

 草津よいとこ 一度はおいで
 ア ドッコイショ
 お湯の中にも コーリャ
 花が咲くよ チョイナ チョイナ

沼田方面から車で草津温泉に向かうと、温泉街手前に草津メロディーラインという看板が出てきます。
カーブが続く山道の路面に、不規則な溝がついていて、ここを通過するときにタイヤとの摩擦で音が出るんです。
それが、見事に草津節の音階になってるという!
時速40kmだと丁度いい調子になるので、ここを通る車はみんな制限速度遵守です。
なかなか粋なはからいですよね。

blog16060804.jpg

草津の温泉街は、完全に温泉を中心としたまちづくりになっていて、
まるで小さな独立国家みたい。

blog16060805.jpg

湯量が豊富で、温度も高いので、いたるところに無料の入浴施設があります。
でも、せっかく天気がいいので、町の西外れにある巨大露天風呂を目当てに
西の河原公園へ向かいました。

blog16060806.jpg

かつては男女混浴だったそうですが、いまはお風呂も脱衣所も男女別々です。
海外からのお客さんもたくさん来ていました。
お湯がちょっと熱めなので、ぱっと入ってすぐ上る人が多く、回転早めです。

宿は湯畑の近くの小さな旅館にしました。
民宿みたいな小規模経営で安かったけど、お部屋は広かったです。
食事は朝食だけにして、夜は温泉街で適当な店に入って食べました。
湯畑のライトアップがあったり、酒屋さんで利き酒をやっていたり、
我々が冷やかしに行くと、後からお客さんがたくさん集まるので面白がっていました。
草津の夜は、浴衣でぶらぶら歩きが正解ですね。

朝は温泉まんじゅうの老舗が早くから開店しているので、
朝湯の帰りに買いに行ったら、蒸したてを一つ試食させてくれました。
人気のあるお店は7時から並んでいました。

ここのおまんじゅうは、温泉まんじゅうの理想形でした。

blog16060807.jpg

上品な甘さで、こしあんに近い粒あん。
その日に作った分は全部売り切ってしまうので、
混んでいる日は早めに店じまいしてしまうこともあるそうです。
道理で早朝から並んでる。

草津のお湯は酸性が強く、殺菌力が高いので蚊が発生しません。
家に帰っても自分の体が硫黄臭かったです。
Comment:0
2016
05.23

春日温泉はツツジ山

20160516-IMG_1230.jpg

5月中旬に春日温泉をたずねました。
この季節は毎日植物の変化があるので、行くたびに景色が違います。
十二館新館に泊まりました。
宿の周囲はたくさんのツツジが植えられていて、
すごく歓迎されているような印象でした。
Comment:2
2016
04.01

gif桜

Category: 本日の生き物
sakuramov.gif

年寄り犬は散歩も面倒がるようになっていましたが、
春の陽気に誘われて、今朝は神社までよく歩きました。
Comment:1
2016
02.18

2月は光の春

fb1602170.jpg

天気予報の画面にどんどん新しい衛星写真からのデータが使われるようになって、
風の動きなど「神の目」を持ったかのように把握できるようになりました。
どこかで噴火があればたちどころに定点カメラの映像に切り替わり、
そのスピードは、どこにいてもすべてを知ることができると錯覚しそうになります。

その一方、そんな最新機器の力を借りずともこの身が感じるのは
冬の光の眩しさ。
走ってる人の多くがよく口にするのは、
「冬の太陽はこんなに力強くなかった」
冬型の気圧配置になると関東はよく晴れた日が続きます。
それは冬の定番なのだけれど、
立春を過ぎて日照時間がのびてきてもしばらくはヤワヤワとした日差しが届くだけで
名残惜しいような午後には空気の冷たさが勝ってくる、そんな2月だったはずでした。
今年は元旦の初日の出ランニングの時点で、もう「暑い」という声が出ました。

寒気が降りてくれば、窓が凍りついて開かなくなる日もあるのに、
日の出から3時間後には全部とかしてカラカラに乾かしてしまう。
洗濯物をベランダに干すとき、上を見ることができない眩しさです。
年をとって肌や目が弱くなったから?
そればかりではないでしょう。

Comment:2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。