FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.12

走る人たちin春日温泉(2)

昨夜の宴会では、大いに飲み食いし、お腹いっぱいでお布団に入ったはずの柿シブ隊。
2日目の朝は、メインのランニングで、6時に宿の玄関前集合です。

まず、源泉公園で飲水を汲んでから走り出します。

13101006.jpg


・・・

「お腹が空いて、目が覚めちゃった〜」

フフフ。
5年前に私が初めて来た時と、同じことをおっしゃる。

ちゃんとした食べ物と、最高の温泉と、おいしい空気。
これらが消化能力を高めるのかもしれません。

まだ紅葉には早いのだけれど、標高1000メートル近くにもなると、
ところどころに真っ赤に色づいた木があります。
前半はゆるい上り坂とカーブが続く道。

自然に生えている栗の木が多くて、
小さなイガ栗が道の上にも落ちています。

こういうのに目がないの、知っていましたから。
いつも一緒に走っていて、季節の移り変わりを何より楽しんでいることとか、
どんぐりが落ちていれば、必ず拾う人がいることもお見通しですから。

案の定、半世紀以上も時をさかのぼり童心に帰って、
栗の実を拾い始めるお兄さまたち。

走る群れに遅れても大丈夫です。
この先はずっと一本道で、折り返して帰ってくる下の道も見通せますから。

13101007.jpg

上りは蓼科山に向かって走り、帰りは浅間山をめざして爽快に下る。
・・・予定だったのですが、残念ながら雲が多いです。
雲の切れ間にちょこっと山頂が見えていますけれど、部分的すぎて判らない。

それでも、走りながら口々に
「いい所ねえ」「毎年ここで合宿でもいいわあ」
というのが聞こえてきて、とてもうれしかったです。
やはり、ここを紹介してよかったなあ。

帰りの道はカーブの少ない下り坂。
両側は畑で、農作業の人が働いています。
コスモスや、秋海棠が道端で揺れて、エールを送ってくれるようです。

「山の中で、家もまばらだけど、活気を感じるね」

そんな風に言ってくれる方がいました。

言われてみれば、5年前の早春に初めて来た時は、
もっと寂しい印象でした。
こうして手入れの行き届いた田畑がずっと連なっているところや、
家族総出で刈り入れをしている姿を見ると、
なんて豊かな土地だろうと思います。

もちづき荘を出て、バスで茂田井間の宿(もたいあいのしゅく)に向かいます。

いつも、ル・さんざ・プリュでお世話になっている大澤酒造さんをたずねます。
国道142号から茂田井の交差点を曲がると、
中型バスも止まれる大澤酒造さんの駐車場があるので、ここで下車。
しばらく周囲を散策しました。

中山道の望月宿と芦田宿のあいだにある「間の宿」茂田井。
古い土壁の蔵が並び、時代劇の世界にタイムスリップしたようです。

13101008.jpg


こういう風景も大好物な柿シブ隊。
時間が余っちゃうかなと心配しましたが、問題ありませんでした。

大澤酒造さんの蔵では、きき酒の他にも見どころいっぱい。
敷地内には民俗資料館、しなの山林美術館、名主の館書道館があって、
興味がつきません。

そうこうしているうちに、ル・さんざ・プリュから今日のお弁当が届きました。
バスに積んで、茂田井を後にします。

13101009.jpg

高速に乗る前に、道の駅ほっとぱーく浅科でお弁当を食べました。
幹事の仕事で慌ただしく、写真を撮るのを忘れてしまいました。
もし、誰かに画像をもらえたらあとで載せますね。

いとこにお願いして作ってもらった、特製の「秋の信州 さんざお弁当」。
蓼科マーブルポーク、信濃ユキマスなど地元の美味しいものばかり。
天然鮎のごはんと、しぼりたてミルクのプリンは全員から「これ美味しい!」と言われ、
いちいち返事をしているので自分がなかなか食べられないという有り様でした(笑)
こんなに喜んでいただけて、本当に有難いです。

13101010.jpg

食事が終わっておみやげなど見ているうちに、
青空がどんどん広がってきて、
ついに浅間山が姿を現しました。

メンバーに、佐久市出身の方がいて、
「この浅間山はみんなに見てもらいたかったから、よかった!」
と言ってくれました。

黄金色の田んぼと浅間山。
ワタクシもこの季節に来られてよかったです。
スポンサーサイト
コメント
こんにちは!

あくる日早朝ランですか
二日酔いの人はいませんでしたか(笑)

このコースなら姉さん迷子にならなくていいじゃないですか^^

家の中の運動はなんかつかれるけど
散歩(毎日同じコースだけど)みなれたところですが 季節感とか違うからかな~(飽きない)この前どんぐりおちてましたね ちょと手にしてみた^^

違うところ走ったら
新鮮でしょうね~


柿シブ隊 大澤酒造で きき酒に居座らなくてよかったですね~(笑)
tookuedot 2013.10.13 13:35 | 編集
> あくる日早朝ランですか
> 二日酔いの人はいませんでしたか(笑)

希望者のみ6時集合なのに、全員でてきましたよ、すごいでしょ。

> このコースなら姉さん迷子にならなくていいじゃないですか^^

そのとおり!
誰もはぐれないように考えて、
いちばん恩恵を受けているのはワタクシです。

> 違うところ走ったら
> 新鮮でしょうね~

マラソンの楽しみの大部分がこれです。
何処へいっても、風を感じながらけっこう遠くまで行ける。
地元の人に声をかけられたりもします。

今日は船橋もどんぐりが沢山落ちてました。

> 柿シブ隊 大澤酒造で きき酒に居座らなくてよかったですね~(笑)

ここだけはちょっと居座ってましたよ。
他に見るところがいっぱいあるのに、きき酒コーナーから動きませんでした。
はい、バスに戻りますよ―、と言ってるワタクシは羊飼いのようでした。
ゴー子姉dot 2013.10.13 18:02 | 編集
楽しそうだ~。
お弁当がどんなのだったか見れないのが残念~。
下りを走るのは楽しいですが、登りはキツイです。
みなさんさすがですね~。
幹事さんは大変そうですが、みなさんに喜んでもらうとやりがいがありますね~。
お疲れ様です。
ももくそdot 2013.10.16 11:49 | 編集
ももくそさま、ありがとうございます。

6月に下見に来た時は、5キロの急な上りを走りましたが、
時間的にも体力差的にも厳しいかなと思い、
やや平坦なコースに変えました。
喋りながら走れるくらいが、やっぱり楽しいですね。

観光スポットとか一切必要のない人たちなので、
田舎のなんにもないところの良さを楽しんでもらえて、よかったです。
ゴー子姉dot 2013.10.16 16:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。