--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.04

牡蠣の食べ方講座

Category: ボランティア
13120401.jpg

いよいよ牡蠣をいただきます!
牡蠣養殖一家の家長みずから、剥き方を手ほどき。
牡蠣の平らな方が蓋です。
蓋を上にして、先端の隙間にナイフを差し込み、
刃先が下になっている殻の内側をこするようにして
丸印の下辺りにある貝柱を切ります。
身の下にナイフを滑り込ませる要領で。

このとき、ナイフではなく、
牡蠣を持っている手を動かしたほうが失敗が少ないです。
ナイフでかき回してしまうと、身が傷だらけになってしまいます。

13120402.jpg

貝柱が切れるとピッタリと閉じていた殻が開きますから、
ナイフをてこのように使ってこじ開けます。
結構堅いですから、思いっきり。

13120403.jpg

殻が開いたら、ひっくり返して蓋を下にします。
身の方の殻を外して、蓋の上に身が乗っている形になりましたね。
そうしたら、ピラピラをめくって蓋に付いている貝柱を見つけます。
今度は簡単に貝柱を切れますね。

・・・・・


13120404.jpg

レモンもなんにもいらないです。
そのままぺろんとすすってください。
広田湾の海水は塩分が濃くてからいのですけど、
不思議に後味があまいのです。
大きすぎて、一口では食べられませんでした。
潮の香りと、海のミルクと言われるクリーミーなコク!

生牡蠣が苦手な方、剥くのが難しい方には、
蒸し牡蠣がおすすめです。

13120405.jpg

浜での食べ方はもっぱらこれだそうです。
鍋に殻ごとの牡蠣を入れ、水を少しだけ入れます。
お酒だとなお美味しいそう。

鍋の蓋をして、強火で10〜15分蒸し焼きにします。
この方法だと、殻が少し開くので、
ナイフを使わなくても簡単に開けられます。

13120408.jpg

蒸し焼きだと、身が縮んで小さくなっちゃうけど、
旨味が凝縮してしっかりした味になります。
火を通しすぎると固くなっちゃうので気をつけて。
生でも食べられるのだから、サクッと。

13120407.jpg

ホットプレートを使うのもお薦め。
牡蠣の中の海水がこぼれないように、深い方を下にして並べます。
ホットプレートの蓋もして、こちらも強火で10〜15分。

しかし、どれだけ食べたんだよ!っていう画ですねこれ。
スポンサーサイト
コメント

これだけ
牡蠣があれば
有り難みが低下する気がしますね(笑)
たくさんあるな~

そそ刃物は刃回しちゃだめなんですよね~
刃は固定しなくちゃ

前歯でガリガリとはあきませんよねw

そのままの生は食べたことないですね
酢でつけたものはありますけど

蒸し牡蠣ですかこれまた
食べたことないぞ=
鍋でゆがくか、油で揚げるか、貝殻ごと焼くかですね

今度試してみよう
貝殻付き牡蠣 高いですよね><
tookuedot 2013.12.05 14:04 | 編集
tookueさま

>そそ刃物は刃回しちゃだめなんですよね~
>刃は固定しなくちゃ

さすが、お料理開眼下tookueさま。
包丁さばきもお手のものですね。

牡蠣、おみやげに売ってもらったりもしたんです。
家でもわりと上手に剥いて食べました。
家族は感激してましたよ。
こんな高級牡蠣初めてだもの。
でも正直、海から上がって何時間も経っていない、
労働報酬でいただいた牡蠣の味にはかないません。

もし機会があったら、ぜひ産地で食べることをお薦めします。
牡蠣にかぎらず、何でもそうですけどね。
ゴー子姉dot 2013.12.05 18:19 | 編集
牡蠣はね~~。
やっぱり三陸産だわ!
他とは全然味が違います。
カキフライで食べるなら他産が美味しいと思いますけどね・・・。
子供の頃から慣れ親しんでいる理由だけじゃない気がします。
震災後は三陸の牡蠣を滅多に見る事がなくなり、他の産地の牡蠣が多く売られてよく買うのですが・・・。
牡蠣の菌を殺すために殺菌水に浸けているからかな~?
その殺菌水の所為なのか鮮度なのか・・・・。
ケミカルな味がして毎回吐き出してしまう私なのです・・・。
早く三陸の海産物が復活してくれたら嬉しいんですが、うちの親族皆、震災をきっかけに辞めてしまったんですよね~~~。
そういう漁師も多いんだろうな~。

牡蠣の殻をむくのって大変ですよね~。
ももくそdot 2013.12.19 01:30 | 編集
ももくそさま

広田湾の海水は塩分がすごく濃いのだそうです。
その濃い塩分のせいで、雑菌が繁殖できないから
生牡蠣を出荷できると聞きました。
海水の濃さに、それほど違いがあるなんて知りませんでした。
広田湾でも生食用に出荷する牡蠣は塩素水で消毒しますが、
東京の水道水と同じくらいの塩素濃度だそうですよ。
これも、地域で違うのかもしれないですね。

三陸の海は豊かですね〜。
でも、おっしゃるように漁師を続ける方が激減してしまいました。
子どもの進学とか、いろんな事情で辞めざるを得なかったようです。

ボランティアで牡蠣をむくのを覚えて、
プロが使う牡蠣用ナイフを買ってしまった人がいましたよ。
ゴー子姉dot 2013.12.20 14:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。