FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05.29

5月下旬のさんざの続き

Category: 食欲系
14052801.jpg

アスパラ・パレードの後には菜園風サラダとクレープ。
メモを忘れちゃったのですが、このクレープの中に入っているのは
菜の花だったかな?
山の上の方に行くと、まだワラビやコゴミもあるようです。

つづきます。



飲み物は、マダムにおまかせで決めてもらいました。
誰からともなく「地元のワインがいいね」という声が上がったので、
そのようなラインナップになりました。
最初のロゼのスパークリングもとても美味しかったけれど、
この白はとてもクリアで、上品な香りでした。

14052802.jpg

グラスの形も変わっていますね。
この、口がすぼまっている形は香りを中にとどめるためですか?
と、誰かが聞くと、マダムがそうですよと答えました。
底のカーブの形も、液体の動きを計算して、
口に入るワインの量が最良になるように設計されているそうです。
ワイングラスの世界って、深い!

そして、この白ワインは、

14052803.jpg

安曇野ワイナリー Ryugan
長野県で栽培されている龍眼という葡萄から作られます。
食べても美味しいそうですよ。

14052804.jpg

はい、出ました本日のにぎり。
左からヤブレガサ、行者ニンニク、コシアブラ。
木の芽や葉に、こんなにも味の違いがあるのかと、
あらためて感動しますね。

14052807.jpg

今日のお魚はイワナです。
あたたかいヨモギのソースで。
頭も骨も、残さず食べてしまいました。

14052805.jpg

赤ワインは少し明るめの色。
こちらは城戸メルロー オータムンカラーズ
城戸さんのワインは初めてル・さんざ・プリュに行ったときに
素晴らしい地元のワイナリーを見つけたと、勧められたものでしたが、
今や大変な人気で、新酒の発売日には畑の周りにぐるりと車が並んで、
近所に迷惑がかかるというので、事前申し込みの上、抽選となったそうです。
なかなか手に入らない貴重なワインになってしまいました。

14052806.jpg

そんな、特別なワインをいただいてしまいました。
一口含むと皆さん、これはすごく美味しい!と驚かれました。
時間が経つと、また味わいが変化して、
ああ、ワインってこうやって楽しむものなのねーと、
納得したものでした。

14052808.jpg

お肉は、蓼科マーブルポークの色々な部分。
美味しいお肉ね、と言いながら、このマッシュポテトがまた!と。
気が付かれましたね。ジャガイモ名人の作品に。

14052809.jpg

デザートはイチゴとプリン。
シェフがイチゴはこの人から買う!と決めているイデさんの苺。
この日は暑いくらいの陽気だったので、アイスクリーム添えです。
使われている牛乳が、近くの牧場のです。ひと味違います。

最後にコーヒーをいただき、歩いて宿へ帰る道でも、
おいしかったー。しあわせー。の大合唱でした。
蛙の声を聞きながら。
スポンサーサイト
コメント
美味しさもあるやろうけど
品数?豊富な具材ですよね
いろいろな栄養とれそう

ワインの楽しみ方ですか~
私には無縁ですね
ビールしか飲まないから(爆)

こういうの見てたら
料理人て凄いですよね
何をとっても1つ1つにに意味がある

これぞ「オ・モ・テ・ナ・シ」精神でしょうかね~~



tookuedot 2014.05.29 09:47 | 編集
tookueさま
連日ありがとうございます!

> 美味しさもあるやろうけど
> 品数?豊富な具材ですよね
> いろいろな栄養とれそう

品数多いけれど、バターや生クリームをほとんど使っていないから
お腹にもたれないんですよ。
今回は山菜が多かったですね。
新芽には特別なエネルギーがあると感じましたよ。

> ワインの楽しみ方ですか~
> 私には無縁ですね
> ビールしか飲まないから(爆)

ワタクシも普段はあまりワインを飲みません。
ただ、自分で買ってきてもコップ酒じゃもったいないですね。
この日の3本も、希少だけどそんなに高価なワインじゃないんですよ。
3本合わせたより、グラス1つのほうが高価です。
そういうので飲むのは、お店じゃないとなかなかね・・・

> こういうの見てたら
> 料理人て凄いですよね
> 何をとっても1つ1つにに意味がある
>
> これぞ「オ・モ・テ・ナ・シ」精神でしょうかね~~

予約のときにどんなメンバーか伝えると、
一生懸命メニューを考えてくれるんです。
マダムの接客もとても感じが良くて、いつも感謝しています。
ゴー子姉dot 2014.05.30 00:18 | 編集
野菜が美味しいレストランてなかなかないので貴重ですよね。
ワインは山梨より長野の方がフランス本場のワインさながらのランクがたくさんあるのが驚きです。
世間では日本のワイン=山梨ってなってますが納得いきません。
山梨で買うと全てワインの出来損ないみたいなものなのに、長野で買ったものはみんな美味しくてかなりの高級ワイン並みの味だったりします。
長野アピール下手なのか、たくさん売る事考えてないのか・・・。
ももくそdot 2014.06.03 16:29 | 編集
ももくそさま

いつもコメントありがとうございます。

> 野菜が美味しいレストランてなかなかないので貴重ですよね。

野菜の美味しさに感動して住み着いちゃったのだと、シェフが言っておりました。

> ワインは山梨より長野の方がフランス本場のワインさながらのランクがたくさんあるのが驚きです。

ワインをよく知っているももさんに(意味深)そう言っていただけると、
長野県も喜びます(県かよ!)
ワタクシはあまりアルコールに強くないので、
比較できるほど飲んではいないのですが、
さんざで飲んだワインは本当に全部美味しかったです。
ももさんがお薦めしてくれた、小布施ワイナリーのも、確かあったはずですよ。

> 長野アピール下手なのか、たくさん売る事考えてないのか・・・。

日本酒については色々仕掛けてるようなのですけどね。
ただ、長野のすごく美味しいワインを造っているところって、
小規模経営のところが多いみたい。
ネット販売もしていないようなところに、すごいのがあるという印象です。
たくさん売ることを考えてない、と言うのは当たっていると思いますね。
もし、さんざに行くことがあったら、マダムにたずねてみてください。
県内にしか出回らないような、
美味しくてお手頃価格のワインを売っている酒屋さんを紹介してくれますよ。
ゴー子姉dot 2014.06.05 22:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。